時代はテレマティクス|web会議の導入で経営安定

重要視されている

IT

システム導入にかかる費用

web会議は資料やソフトウェアを共有しながら会議や作業を進めることができる画期的なコミュニケーション手段です。一般のパソコンにweb会議用のソフトウェアを組み込み、webカメラやヘッドフォンを接続するだけで始めることが可能なので、従来のテレビ会議などより手軽に始めることができます。web会議システムを開発している会社を調べてみると初期費用は0円〜40万円、月額費は4〜5万円と設定している会社が多いようです。定額制・課金制でも分かれているので社員の人数やPCの数などで検討してみるのもよいでしょう。web会議は交通費の削減やコミュニケーション強化、新人教育の効率化などに効果をあげており、今後導入する会社も増えていくと考えられます。長期的に考えると初期費用が高くついても絶大な効果を生み出すことが期待されます。

web会議のこれから

1970年代よりテレビ会議の実用化が進み、80年代には徐々に一般に普及していきました。近年ではIT化が急激に進み、インターネット回線を利用してのweb会議が当たり前になってきています。企業においてもテレビ会議やweb会議はコミュニケーションを活性化させる重要なシステムであり、業務の効率化や出張費とその移動時間の削減による生産性の向上を期待できるものです。今後、会社に出社しなくても自宅で仕事をすることができれば、出産育児に伴い働くことを断念せざるを得なかった女性社員の人材確保も可能となります。安倍政権が掲げる「女性が輝く日本」にも一役買うことになります。企業の使い方次第で多くの利益をもたらすことができるでしょう。