時代はテレマティクス|web会議の導入で経営安定

欠かせないこと

インターネット

Web会議を利用する

会議といえば普通は会議室やミーティングルームに集まって紙の資料やホワイトボードなどを利用して行なうものです。ですがこの場合遠くにいる仕事仲間や顧客先に行っている人に同じ情報を共有できません。そこで考えられたのがweb会議というものです。 web会議は市販されているwebカメラやマイクが付いたヘッドホン、パソコンにweb会議用のソフトウェアを入れることで離れたところにいる仕事仲間や外出している人と会議が行なうことができます。従来のビデオ会議とは違い専用のシステムではないため、ビデオ会議より劣る部分もありますが、ノートパソコンにははじめからwebカメラが搭載されているため、導入するのは比較的簡単と言えます。

このシステムを利用するにあたり料金はどうなのか

web会議には料金がかかるものも存在します。当然無料のもありますが、トライアルの物もあるので注意が必要です。 料金がかかるものには「課金制」と「定額制」に区分されているものがあります。「課金制」のものは1時間あたりに使用されると発生するもので、その平均価格はやく2500円ほどになります。また「定額制」は時間ではなく月々の使用料と考えていただけたら良いです。これの平均価格は約5000円ほどかかります。 その他にも「ID制」と「ルーム制」と別れており、「ID制」は1人あたりに発行されるログインIDに料金がかかるもの、「ルーム制」は利用するweb会議ルームの数量に対して料金がかかるものとあります。 web会議では少人数で行なうか大人数で行なうかで料金が異なるので人数に対してどのプランがいいかを考える必要があります。